スタディサプリの解約・退会できない!?返金の方法・仕方はどう進める?わかりやすく解説

スタディサプリは、小学生から大学生向けの講座やTOEIC対策などの大人向け講座を有するインターネット予備校です。

スマホ一つで学習できるとあって任期のあるサービスですが、「自分には合わない」と解約や退会をしたいという声も少なくありません。

しかし、スタディサプリの解約・退会手続きをどうすればいいか分からないという声もあります。

今回は、実際にスタディサプリの解約・退会手続きがどうなのか?煩雑な解約方法や注意点をわかりやすくご紹介したいと思います。

スタディサプリを解約・退会はとにかくわかりづらい!全体を整理して解説!

スタディサプリは、解約や退会がわかりづらいと言われています。

その原因は、「アプリ上で手続きができない」ことが一因でしょう。

また、解約・退会以外にも利用停止などの手続きもあり、どれを選んで良いかが判断しづらい点も煩雑さに拍車をかけています。

解約・退会と利用停止は何が違うの?

まず、スタディサプリでは解約・退会する以外に利用停止という方法を選択することができます。

解約・退会を選択すると、一度すべてがリセットされると思って良いでしょう。

もし、「再び再開することがあるかもしれない」と思うならば、利用停止にしておくのがおすすめです。

利用停止によって、データは保存されたままになります。

解約・退会する際の手続きを紹介

解約・退会をしたい場合、まずはサポートWebと呼ばれるWebサイトにログインします。

Webサイトへは、パソコンやスマホなどからアクセスできます。

電話などの手間はかからないのは良いところですね。

大まかな手続きの流れは以下の通りです。

  1. サポートWebページのメニューボタンをクリック
  2. メニューの中から利用照会をクリック
  3. 利用状況を確認し、「利用を停止する」をクリック
  4. アンケート画面に移行するので、回答するか否かを決定(アンケートは任意。「アンケートに回答せず停止する」を押しても問題なし)
  5. メニュー画面に戻り、アカウント設定をクリック
  6. サポートWeb登録情報の右側にある鉛筆マークをクリック
  7. 画面をスクロールし、一番下にある「退会したい場合はこちら」をクリック
  8. アンケートや確認画面を経て、退会手続き完了

基本的に、画面に出てくる指示通りに作業をすれば数分程度で退会手続きは完了します。

スタディサプリ解約・退会に関する注意点

手続き自体は手順通りにやれば難しくないスタディアプリ。

しかしながら、やり方を間違えたり、誤解をしていると正しく解約できません。

下手をするとずっと課金されて無駄にお金を払ってしまう危険性もあります。

注意点をよく守って正しく解約・退会をしましょう。

アプリをアンインストールしても解約にはなりません!

まず、普段使っているスタディサプリのアプリ自体をアンインストールすれば、解約できると思っている人がいます。

しかし、アンインストールしただけでは解約したことにも退会したことにもなりません。

アプリをアンインストールしただけでは、契約したこと自体を解消することにはならないのです!

それゆえ、上記に説明したように専用のWebサイトにログインして退会手続きを進める必要があります。

決済が完了した「ベーシックコース」「合格特訓コース」の取り消しはできない?

また、スタディサプリの公式サイトによると、有料コースを利用停止する場合にコースの種類によって手続きが異なります。

「合格特訓コース」「個別指導コース」は、利用停止手続きを停止するためにサポートWebでの利用停止が可能です。

「ベーシックコース」を選択している場合は単にサポートWebの利用停止では退会手続きが完了しません。

「ベーシックコース」は支払い方法によって停止方法が異なるので注意が必要です。

参考: スタディサプリ FAQ

クレジットカード払いの人は卒業後もそのまま自動課金されてしまいます

クレジットカード払いの場合、アプリのアンインストールをするだけでは利用継続状態のままになります。

したがって、自分ではスタディサプリを退会したつもりでも講座を受講し続けていることに!

上記に記載した通り、利用停止の手続きを行った上で退会手続きを行う必要があるのが最大の注意点です。

ちなみに、利用停止手続きが完了した時点でベーシックコースの利用はできなくなります。

メールに利用停止完了メッセージが届いた時点で利用できないという意味です。

もし、利用停止手続きから再開する場合、有料コースが再開されますが、改定前の金額では利用できません。

それゆえ、長期的なユーザーである場合は、利用停止のタイミング等をしっかりと考えてから利用停止手続きや退会手続きをするのがおすすめです。

退会をしてしまうと全てのデータが消えてしまう

何より、利用停止手続きの後、退会手続きまでしてしまうとこれまでの一切のデータが消えてしまいます。

]データを残しておきたいならば、利用停止手続きまでにとどめておくのがベストです。

スタディサプリは返金にも対応している?返金方法を支払い方法別に解説

スタディサプリは返金にも対応しているか?といえば、答えはイエスです。

ただし、こちらもただ退会手続きをしただけではお金は戻ってきません。

返金保障を受けるためには、スタディサプリHP内にあるお問い合わせフォームより返金の希望を出す必要があります。

また、決済手段の違いにより、返金方法に違いがあるので、支払い方法別に解説します。

クレジットカード決済またはキャリア決済の場合

解約・退会手続きは上述の通りです。

ひとまず、利用停止の手続きを行ってから退会の手続きを行います。

公式HPに記載されている手順は以下の通りです。

【1】 (スマホのみ)右上のメニューをクリック

【2】 「利用照会」をクリック

【3】 「利用を停止する」をクリック

【4】 「アンケートに答えずに停止する」をクリック

【5】 「停止する」をクリック

【6】 手続き完了メッセージを確認

引用:スタディサプリFAQ

公式HPには、スマホの画面例付きで説明されています。

迷ったときには公式HPで確認するのが良いでしょう。

その上で、お問い合わせフォームより返金希望の旨を記載します。
この時に必要な入力事項は以下の通りです。

  • 氏名

  • メールアドレス

  • お問い合わせ内容のカテゴリ:決済および料金体系について

  • サブカテゴリ:一括支払いの返金について

  • お問い合わせ内容:一括払いの残利用期間分の返金を申請します。

最後に「同意の上送信」をクリックで完了です。
クリック完了後すぐに入力したメールアドレスに受付確認メールが届くのでチェックしましょう。

iTunes Store決済の場合

利用しているiOS端末によって手続きが異なります。

iTunes Store決済の場合、サブスクリプションとして解約しない限り自動的に更新されます。

課金を避けたいならば、解約手続きを行わなければいけません。

例えばiPhoneで解約手続きを行う場合、以下のような手続きが必要になります。

  1. 設定Appを開く
  2. 自分の名前をタップする
  3. サブスクリプションをタップする
  4. 管理したいサブスクリプションをタップする
  5. 「サブスクリプションをキャンセルする」をタップする

以上の手続きで解約を行うことができます。

もし3.の段階で、「サブスクリプション」が表示されない場合は、代わりに「iTunes と App Store」をタップします。

次に自分の Apple ID をタップし、「Apple ID を表示」をタップすれば「サブスクリプション」の表示が出るのでタップすればOKです。

コンビニ決済の場合

コンビニ決済の場合は、利用期限を過ぎると自動的に利用停止となります。

したがって、基本的に利用停止の手続きをする必要はありません。

契約期間中の停止を希望する場合、利用者側から利用停止の手続きを行うことができないため、運営側が代行手続きを行うことになります。

停止を希望する場合、「コンビニ決済の利用停止手続きを申請します」と添えてお問い合わせフォームに問い合わせてみましょう。

今後スタディサプリを利用する予定がない場合は、「スタディサプリの退会も同時に希望します」と付け加えておけば、運営側が合わせて手続きをしてくれます。

同じように、返金の申請をしたい場合はお問い合わせフォームにその旨も合わせて付け加えるのみです。

必要事項はすでにクレジットカード払いのところで説明した通りですので、返金手続きは基本的にお問い合わせフォームから行うと覚えておきましょう。

ちなみに、返金保障があるのは一括払いのみです。

それ以外の支払いには対応していません。

一括払いで支払った金額から受講した月の受講料を差し引き、余った金額が返金となります。

月の受講料は割引なしの金額になるので要注意!

日額計算などは一切されません。

言い換えれば、12ヶ月分一括払いで支払った場合の受講料=10ヶ月の受講料を月々支払った金額と同じです。

10ヶ月以上受講していた場合、返金金額は0円になります。

まとめ

スタディサプリの解約・退会方法は利用している状況などにより異なります。

また、アプリをアンインストールするだけでは、自分のスマホからアプリがなくなっただけの状態に。

利用は継続している状況ですので、いつまでも課金されてしまいます。

そういった間違いをなくすためには、自分がどのようにアプリを利用しているかを確認し、適切な手続きをすることです。

スタディサプリの場合は、専用のサイトにログインし、利用停止手続きから退会手続きをすることが必要になってきます。

また、もし将来的に利用を再開する予定なら利用停止手続きだけにしておく手もあります。

退会してしまうとすべてのデータが消えてしまうので学習記録もすべて消去となります。

ずっと課金されてしまうといったミスをなくすためにも、自分に合う適切な方法で、解約・退会手続きをしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です