スタディサプリの化学の先生・講師はどう?対応しているレベルや利用者の評判・口コミも紹介

「覚えることが多すぎて化学の授業についていけない」

「トップレベルの大学を狙いたいけど、効率的な受験勉強の方法が分からない」

「近所に学習塾や予備校がない」

そんな高校生・受験生にとって強い味方となるのがスタディサプリ。

スタディサプリはインターネットで配信される講義の動画を好きなだけ視聴できるサービスです。

月額1,980円(税別)で4万本以上の豊富なラインナップの動画を見ることができます。

 とはいえ、「本当に成績が上がるのか?」「受験対策には不十分では?」と不安になっている人もいることでしょう。

この記事ではスタディサプリで学べる化学の授業について、選べる講座の種類、対応しているレベルの他、受講生の口コミや評判も交えてお伝えします。

「スタディサプリを利用するか迷っている」という人はぜひ参考にしてください。

 スタディサプリの化学の教科について解説

 

スタディサプリで学べる講座は高校1年生向けから高校3年生・卒業生向けまでさまざま。

化学だけでも合計191講座が用意されています(2020420日時点)。

幅広い層の学習者に対応していることがわかりますね。

ここでは、スタディサプリで化学の授業を担当している先生や実際の単元の内容、目指せる志望校のレベルを解説します。

 化学の講師「坂田薫」先生の経歴・教え方

スタディサプリで配信されている化学の授業は、全て坂田薫先生が担当しています。

坂田先生の授業はファンも多く、予備校で授業を担当する以外にも多方面で活躍されています。

 坂田薫先生の経歴は?

坂田薫先生はスタディサプリ以外に大手予備校でも教鞭をとられています。

他にも『坂田薫の 化学 たいせつポイント超整理』(KADOKAWA)など著書も多数出版されています。

TOKYO MXで毎週平日朝に放送されているニュース番組「モーニングCROSS」にも出演されました。

参考:坂田薫公式サイト:https://kaorukagaku.com/

TOKYO MX 公式サイト:https://s.mxtv.jp/tokyomxplus/mx/article/202002190650/detail/

 坂田薫先生の教え方の特徴は?

明るくハキハキとした喋り方と、順を追った論理的な説明が特徴的な坂田先生。

そんな先生のキャッチフレーズは「化学を丸暗記から解放」です。

暗記部分と暗記した知識を応用して考える部分を分けて、むやみに知識を詰め込まない教え方が評判になっています。

「分からないから丸暗記」という勉強をしている人は一度受けてみてください。

 スタディサプリ内で用意されている化学の単元・講座

スタディサプリ公式サイトでは対象学年ごとの通年講座の一覧を公開しています。

高校13年生まで共通して学習できる講座もあれば、ある程度実力のついた3年生を対象とした受験対策ができる講座もあります。

 高校12年生向け

高校12年生共通の化学基礎(8講座)と化学(50講座)が用意されています。

扱う分野はそれぞれ化学という科目を理解する上で重要な単元と基礎・理論分野です。

 高校3年生・卒業生向け

高校12年生向けと比べてレベル・分野ごとに細分化されているのが特徴です。

レベルはスタンダードとハイ・トップが設定されており、それぞれ「理論編」「有機編」が学習できます(「無機編」もスタンダードレベルのみ開講されています)。

参考:スタディサプリ公式サイト 講座案内 https://studysapuri.jp/lpassets/pdf/page/course/%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%83%87%E3%82%A3%E3%82%B5%E3%83%97%E3%83%AA%E8%AC%9B%E5%BA%A7%E6%A1%88%E5%86%85.pdf?d=20190701

 対応しているレベルは?

スタディサプリの授業は志望校に合わせて最適なレベルを自分で選ぶことができます。

まずスタンダードレベルの授業で復習し、ハイレベル・トップレベルの講座に切り替えていくという柔軟な戦略も可能です。

 講座レベルごとの目指せる大学のレベル

スタディサプリ公式サイトの「よくあるご質問」にある「講座のレベルについて教えてください」(https://help.studysapuri.jp/InfoFaqCustomer/s/article/000001074)によると、以下のとおりです。

 (引用)

スタディサプリ高校講座・大学受験講座の講座は、下記を目安に制作しております。
高校3年生
【トップレベル】旧帝大、早慶・私立医学部などの最難関国公私立大学レベルを目指す方向け。
【ハイレベル】地方国公立、GMARCH、関関同立などの難関国公私立大学レベルを目指す方向け。
【スタンダードレベル】その他国公立、日東駒専、産近甲龍、その他私立大学レベルを目指す方向け。

(引用終わり)

 志望校対策講座

レベル別の通年講座以外にも東大・京大などの特定の志望校に特化した講座もあります。

その他、センター試験に代わり導入される大学入学共通テストの対策講座が同年度秋にリリースされる予定です(2020420日現在)。

 スタディサプリで化学の講座を受けるメリット

スタディサプリ以外にも化学の講座を受けられるところはたくさんあります。

例えば高校に通っていれば授業がありますし、塾や予備校も化学の講座がないところはありません。

動画をネット経由で見られる学習サービスも、スタディサプリの他にも多数あります。

ここでは、そんな塾・学校や他のインターネット予備校(インターネットで授業動画を配信する予備校)とスタディサプリの違いを解説。

スタディサプリで化学を受講するメリットについて説明します。

 通学型の学校や塾・予備校と比較したときのメリット

ここでは学校や塾とスタディサプリを比較したときのメリットについて紹介します。

スタディサプリの特徴はインターネットにつながる端末があれば「通学しなくていい」「いつでも何度でも見られる」ことです。

他にも、「人の都合に左右されない」というメリットもあります。

それぞれについて詳しく見ていきましょう。

 通学しなくていい

学校や塾の授業を受けるには、決まった時間に決まった場所へ足を運ぶ必要があります。

天候の影響や電車・バスの運行状況の影響を受けやすいという欠点があります。

それが原因で遅刻・欠席してしまったら、せっかく授業料を払っているのに内容を聞き逃してしまいます。

また、学校や塾と家との距離が長い人や、近所に予備校がない人もいますよね。

その点スタディサプリなら、好きな場所で授業を受けられます。

自分の家だと集中できないときは、カフェやコワーキングスペースでイヤホンをつけて受講することもできます。

 いつでも何度でも見られる

受講できても、気が散って集中できなかったり、先生の話を聞き逃したりすることもあるでしょう。

内容が難しすぎて一回の授業では理解しきれないこともあります。

スタディサプリなら、動画の授業を何度でも、理解できるまで視聴できます。

 また、通学型の学校や塾では授業の開始時刻・授業時間が決まっています。

長さは大体50分〜90分程度で、一度始まると途中休憩がない場合がほとんど。

ある程度まとまった学習時間を確保し、その間集中を保つ必要があります。

スタディサプリは1回の授業の長さが約15分と短く、スキマ時間に学習ができます。

通学時間や食事の前など、ちょっとした時間で少しずつ勉強したい人にぴったりです。

 人の都合に左右されない

学校や塾では、生徒の進級や先生の転勤・退職などによって授業を担当する先生が変わることがよくあります。

「去年の先生は相性が良かったのに、今年から担当になった先生の授業が全然わからない」

そんなことも珍しくありません。

スタディサプリの化学の授業は全て坂田薫先生が担当しています。

授業は動画なので、先生の都合で休講になることもありません。

また、坂田先生は大手予備校で教えた実績もある実力者。

トップレベル講師の授業を好きなだけ受けられるメリットがあります。

 他のインターネット予備校と比べた場合のメリット

「オンラインならどれも一緒」と思ったら大間違い。

支払いの単位やサービスの幅広さには各社で大きな差があるのです。

ここではスタディサプリ以外のインターネット予備校とスタディサプリを比較し、スタディサプリを選ぶメリットについて説明します。

 あらゆる学年・レベル・科目の講座を自由に受けられる

一般的なインターネット予備校では講座または科目ごとに受講料が必要です。

もしあなたが化学以外の科目も受講したいなら、学習にかけられるお金の心配もしなければなりません。

 その点、スタディサプリでは化学以外の教科・科目も追加料金なしで受けられます。

同じ科目でも、ひとつ前の学年を対象とした授業も視聴することができます。

例えば「1年生の内容をもう一度復習したい」というときも、追加の受講料を支払う必要はありません。

 しかもスタディサプリなら化学以外の科目も見放題です。

得意科目をさらに伸ばすもよし、苦手科目を補うもよし。

好きなように学習プランが立てられます。

 専属コーチがサポートしてくれる

スタディサプリでは月額1,980円(税抜)のベーシックコースの他、月額9,800円(税抜)の合格特訓コースも用意されています。

合格特訓コースに登録すると、志望校のタイプに合わせた担当コーチがつきます。

コーチは全て難関大学・大学院に所属する現役の学生で、現状把握から毎月の学習アドバイス、模試の結果をふまえたフィードバックなどのサポートをしてくれます。

先生や同級生だけでなく、実際に受験を乗り越えた先輩の学習サポートが得られるのは大きなメリットですね。

 スタディサプリで化学を勉強した人の評判・口コミ

実際にスタディサプリで化学の講座を受けた人の評価・口コミをご紹介します。

公式サイトはもちろんのこと、twitterでも高い評価を受けています。

 

先生の授業で化学が好きになれました。

参考書もボロボロになるまで使い込みました。(twitter)

 

化学の授業は全部見ましたが、勉強になるしもう一回見直そうと思っています。(twitter)

 

理系の人なら絶対に受けた方がいいです。

特に理論化学と有機化学がおすすめ。(スタディサプリ公式サイト)

 

単に解き方を覚えるだけではなく、ひとつ一つの単元を丁寧に、自分の力で解けるように教えてくれる講義です。(スタディサプリ公式サイト)

 

学校の授業で教えてくれないところや、参考書で自習しただけだと分からないような応用問題の解き方まで学習できます。

とても役に立ちました。

(スタディサプリ公式サイト)

まとめ

この記事ではスタディサプリで受けられる化学の授業について紹介しました。

スタディサプリの魅力はインターネットで授業が見られる利便性だけではありません。

実力派の講師陣による質の良い授業が定額見放題で、自分のレベルにあった授業を選べます。

また、合格特訓コースではさらに現役大学生・大学院生のサポートも受けられることも特徴です。

スタディサプリでは14日間の無料体験もできます。

塾や学校ではイマイチ伸び悩んでいる人は、これを機にスタディサプリで勉強してみませんか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です