スタディサプリの生物の先生・講師はどう?対応しているレベルや利用者の評判・口コミも紹介

自宅にいながら人気予備校講師の授業を受けられるスタディサプリは、もちろん生物にも対応しています。

今回はスタディサプリの生物講座の詳細と内容、口コミについて掘り下げて解説していきます!

スタディサプリの生物の教科について解説

それでは早速スタディサプリの講師と講座の内容についてお伝えしていきます。

基本的な所ですので漏れなくチェックしておきましょう。

生物の講師「牧島央武」先生の経歴・教え方

講座は講師によってかなり左右されますので、どのような方が教えているのかは非常に重要なポイントです。

スタディサプリの生物講座担当の牧島 央武先生はどのような先生なのでしょうか?

先生の経歴、そして教え方の順で見ていきましょう!

【牧島先生の経歴】

東京大学大学院卒業で自然人類学を専攻、現在は大手予備校の河合塾の医学部専門校舎や医療系の予備校ビックバンで生物に特化して出講されています。

著書『偏差値24でも、中高年でも、お金がなくても、今から医者になれる法』では効率のいい勉強を紹介しています。

生物は暗記すべきポイントが多いですが、長年の経歴とご自身の理系出身をという点を活かした授業は高い評価を得ています。

【牧島先生の教え方】

暗記する項目の多い生物ですが、牧島先生は単純に情報を頭に入れるのではなく、「なぜ、そうなのか?」といった理由・根拠も交えて覚えることを重視しています。

そうすることで、定義をクッキリさせることで現象を正しく理解でき、勉強した内容が相互に補完しあってより頭に残りやすくなるからです。

授業はすでに生物を学習している人もこれから始める初心者の方も分かりやすい、スピードで進むよう工夫されています。

スタディサプリ内で用意されている生物の単元・講座

スタディサプリの生物講座で学習できる単元・講座は以下のとおりです。

生物基礎(全12講)

  1. 生物の多様性と共通性,顕微鏡
  2. 細胞の構造と機能,酵素
  3. 代謝:同化と異化
  4. DNAと遺伝子
  5. 遺伝情報の複製と分配
  6. 遺伝情報の発現
  7. 体液と循環系
  8. 排出系
  9. 内分泌系と自律神経系
  10. 免疫系
  11. 植生の多様性, 遷移
  12. 物質の循環とエネルギーの流れ

生物(全33講)

  1. 細胞の構造と機能
  2. タンパク質,酵素
  3. 補酵素, 酵素反応速度
  4. 細胞膜,細胞接着,細胞骨格
  5. 減数分裂と遺伝情報の分配
  6. 独立と連鎖
  7. 動物の配偶子形成、ウニの発生
  8. カエルの発生
  9. 発生の仕組み
  10. 植物の配偶子形成と発生
  11. DNAと遺伝子,複製
  12. 遺伝子の発現
  13. 変異
  14. 遺伝子発現の調節
  15. バイオテクノロジー
  16. 受容器
  17. 効果器
  18. 神経細胞
  19. 神経系
  20. 動物の行動
  21. 呼吸・循環・排出
  22. 屈性,植物ホルモン
  23. 光周性
  24. 個体群動態
  25. 生物間の相互作用
  26. 生命の歴史
  27. 進化論
  28. 分子進化,ハーディ・ワインベルグの法則
  29. 生産構造,物質の循環
  30. 光合成
  31. 窒素同化
  32. 遺伝情報の分配
  33. 生物の系統

対応しているレベルは?

生物の講座は生物基礎・スタンダードレベル・ハイ&トップレベル・受験校別対策講座の4つのレベルに分かれており、基本から最難関まで幅広く対応しています。

生物基礎

高1から高3までの生物基礎が学習範囲で、前半では基礎事項の確認と着眼点の解説、後半では演習問題とその解説をします。

生物が苦手な方は、まず生物基礎を学んでから生物スタンダードレベルの講座を受けると学習がスムーズに進みます。

  • 対象者:初学者

生物

[スタンダードレベル]

前半を基礎事項の確認と問題を解く際の着眼点についての説明があり、後半は演習問題を通して学んでいきます。

講義はそれぞれのテーマに分かれており、初めて学ぶ人は1章から順番に、すでに学習が進んでいる人は苦手なテーマに絞って学習しましょう。

  • 対象者:未習者~国公立大、私立大(日東駒専、産近甲龍など)

[トップ&ハイレベル]

難関大を目指す人向けの難問を取り扱い、アプローチの仕方や考察問題の切り口が学べます。

各講は独立しており、苦手分野の克服や理解を深めたい単元など学習状況にあわせて取りかかることができます。

問題の解説が中心で、視聴前にテキストの問題を解いて予め疑問点や不明点をまとめておきましょう。

  • トップレベル対象者:地方国公立、難関私大(GMARCH、関関同立)
  • ハイレベル対象者:旧帝大、早慶

志望校対策講座

[東京大学 生物対策講座]

東京大学合格のための実践的な解答力強化を目的とした東大受験者向けの講座です。

範囲は生物・生物基礎の全範囲で、内容も最難関なため生物の全範囲を一通り学習した上で受ける必要があります。

出題される問題・問われる能力を解説し、論述問題を中心に取り組んで、初見のデータや図表を元に整合性のとれたモデルの構築・表現する力を養成します。

[京都大学 生物対策講座]

京都大学の受験突破を目指す方向けの講座で、生物基礎・生物は範囲で内容は最難関です。

京大生物での得点に必要な安定的な知識と実験考察問題への対処法に取り組みます。

頻出単元である遺伝子のテーマを中心とした問題をメインに“データから仮説を導く分析力”を養います。

スタディサプリで生物の講座を受けるメリット

スタディサプリを利用するメリットはたくさんありますので、ここで紹介していきます。

自分が求めるサービスかどうか、チェックしましょう!

①場所を選ばずどこでも授業が受けられる

アプリケーションを入れれば、スマートフォンやタブレットで授業を好きな時・場所で受けられます。

動画のダウンロードも可能なので、事前に準備しておけばデータの通信量や通信環境の良し悪しを気にする必要はありません。

ちょっとしたスキマ時間や外出先でもカリスマ講師の授業をオンラインで受けられるのは、スタディサプリの最大のメリットの1つといっていいでしょう。

 ②分からなくなった所からやり直せる

スタディサプリは小・中・高校から大学受験のレベルまで取り扱っていますので、勉強につまずいた所まで遡って学習が可能です。

高1・高2の内容が分からなくて解けなかったり、授業で恥ずかしくて聞けなかったり、やり直すために参考書を買い足したりといったことはなくなります。

学び直しを非常に効率的に行えるので利用者の方に現役・浪人生だけでなく、社会人も使用されている方がいます。

 ③続けやすい工夫がされている

スタディサプリの授業は1つ15分前後で、集中力が途切れないちょうどいい長さで構成されています。

15分というと短い印象を受けますが、要点を絞って伝えているので無駄がなく、その他の情報はテキストに記載されているので心配ありません。

また、連続でのログイン日数が表示されたり、学習レベルというステータスがあり、モチベーションを保つ工夫もなされています。

外部の勉強アプリ『Studyplys』とも連携が可能で、受講後すぐに記録をつけることができます。

④受けたい教科をいくつでも受けられる

公開されている講座は登録後はすべて閲覧可能ですので、「英語のみ」「理科のみ」といった限定的な使い方をしなくても大丈夫です。

単元やテーマも細かく分けられているので、自分の学びたい部分をピンポイントで学習出来る点も非常に便利です。

予備校の通信講座では単元を追加する毎に料金が加算されるので、受け放題はかなりのメリットといえます。

⑤月額利用料金が安い

これだけのサービスを提供しているスタディサプリですが、月額利用料金が980円~とかなりリーズナブルな価格設定がされています。

さらに徹底したサービスを受けたいという方には個別指導コースが設けられており、科目毎のサポーターが疑問点・不明点をすぐに潰すことが可能です。

推奨参考書の疑問解決もサポートしていますので、さらに自宅学習が捗りますね!

スタディサプリで生物を勉強した人の評判・口コミ

スタディサプリの生物講座を受講した方はどのような感想・評価をしているのでしょうか。

リアルな声をいくつかピックアップしましたので、判断する上での参考にしましょう!

口コミその①

煩雑で覚えることも多い生物もハッキリとした口調で定義してくれるから何でもリピートしてます!

板書も分かりやすいし、イメージが出来る点もいいなぁと思います。

テキストはポイントだけまとめてあるのでめっちゃ復習しやすいから、テストとか模試前なんかにサクッと見直してます。

口コミその②

生物はこれまでまったく手を付けていませんでしたが、牧島先生の授業は丁寧で詳細に説明してくれるのでスンナリ問題が解けました。

ん?と思ったところは教科書を見みれば解決します。

難易度が高めの参考書に取り組む前に視聴するのもいいと思いますよ。

口コミその③

今日はスタサプを見ながら生物基礎をひたすら学習。

分かりやすいから嬉しくてどんどん進むし、この教科好きになりそう笑

何を授業でおさえればいいかも説明してくれるから続けられる。

たとえ話も面白くていいね!

口コミその④

スタディサプリで生物を勉強、スラスラ入ってくる。

重点的にやりたいとことか初学の単元は等速で再生して、復習の時は1.25~2倍速で再生すれば効率がかなりアップするのでオススメ!!!

先生の声が聞き取りやすいのも◎

口コミその⑤

塾で勉強してたけど移動時間が勿体なくてスタサプに切り替えて、図書館やカフェ・自宅で勉強するようにした!

集中力がなくなったら、自分のお気に入り場所とかに変えればリフレッシュできる。

動画をバックグラウンドで流して音声学習できるのはマジ便利だと思う笑

まとめ

スタディサプリにはどのような生物講座があるのか、メリット、先生についてお伝えしていきました。

理科科目では物理に並んで生物の科目が面白くて内容も分かりやすいと評判です。

利用者が授業+スタディサプリ、スタディサプリ+参考書、スタディサプリでのみの学習など自分に合わせて組み合わせられるのも魅力的です。

まずはサンプルを見て、授業の進行の仕方や雰囲気を掴んでみることをオススメします!

テキストも無料でダウンロードできますので、学習を始める前にチェックしておきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です