スタディサプリの世界史の先生・講師はどう?対応しているレベルや利用者の評判・口コミも紹介

世界史を選択し、受験対策としてもこれから強化していこうと考えている方は多いのではないでしょうか。

しかし、暗記科目だからと言って問題集を丸ごと覚える方法では太刀打ちできないのが世界史という科目です。

そこで強力な助っ人になってくれるのが「スタディサプリ」!

月額1,980円で神授業を受け放題になるので塾より安く、好きな時間に勉強できますよ。

ここでは、スタディサプリが対応しているレベルや利用者の評判などもご紹介していきます。

 スタディサプリの世界史の教科について解説

スタディサプリの世界史は、高校で習う範囲を全て網羅しています。

また、論述に強くなれるような講座なども用意されており、レベルの高い大学を目指す人や、私立を目指す人に向けた内容も充実しています。

授業は解説後に、スタディサプリからダウンロードできるテストで講義の内容を理解できたかを確認するといった流れになっており、最短ルートで世界史が学べるよう工夫されているので時間がなくても大丈夫です。

 月額利用料は1,980円で、全ての講義が見放題です。

しかし、自分の苦手分野から見ていくこともできるので、最初からやっていく必要はありません。

それぞれの学習状況や偏差値に合わせて学習できるので、学校や塾の予習や復習としても利用できますし、定期テストのみ利用する方法もあります。

もちろん学校の先取り授業もできますよ。

世界史全ての範囲が網羅されているのでどのように利用するかはあなた次第です。

 世界史の講師「村山 秀太郎」先生の経歴・教え方

スタディサプリで世界史を担当している講師は、村山秀太郎さんです。

村山先生は早稲田大学院卒で、これまで100国以上を訪問した経歴のある方です。

歴史的現場を生で体験したことを生かした授業には臨場感が溢れます。

「ベルリンの壁崩壊」や「ドイツ統一式典」、「ソ連8月クーデター」などをそれぞれ現場で見ているからこその講義内容は濃くなっています。

これらの体験談は近代世界史の講座で少し話してくれているので必見です。

著書のうち代表作には『これ1冊!世界各国史』などがあり、世界史について一筋です。

より世界史を深く知りたいと思ったら購入してみると面白いかもしれませんね。

 また、村山先生の教え方については「丸暗記させないこと」が特徴的です。

受験などで頻出される分野に関しては教科書の内容よりも踏み込んだ解説をわかりやすくしてもらえ、これによって歴史的経緯がわかるようになるので自然と物事の起きた流れも把握できるようになってきます。

 政治や外交、経済や分野など、あらゆる角度から世界史を考察し、必修テーマでは図表を用いて解説してもらえるため視覚的にもわかりやすいです。

暗記はできるけれど、例えば「イギリスで産業革命が起きている時に中国はどうなっていたか」がわからない!などの経験があればそれを克服することができます。

 スタディサプリ内で用意されている世界史の単元・講座

スタディサプリの世界史は、高校生で習う全てが網羅されています。

ただ、講座は同じ世界史でも学ぶ目的やレベルによって分かれているので基礎から応用まで、自分の習熟度に合わせていけます。

 「世界史」では、オリエントやインド、ヨーロッパ、アメリカ、中国などの世界史でも重要な要となる部分を基礎から解説しています。

そのため、世界史を最初から学びたい人、復習したい人、高校1年生の先取りをしたい人におすすめです。

基礎とは言え、全ての授業を終えたころにはセンター試験で8割以上の点数が取れる内容になっています。

今からはセンター試験ではなくなりますが、以下の講座でそれ以外の試験にも対応できるようになっています。

 

「世界史<通史編>」は難関大学受験を目指すレベルです。

具体的には早慶やMARCHレベルとなり、これらの大学から出る世界史の問題に対応できるように授業が進みます。

「世界史」では少し物足りない、「世界史」をやり終わった、そんな人向けの講座です。

 

「世界史<文化史編>」では、その名の通り世界史の中でも文化史にフィーチャーしています。

キリスト教や建築史などを中心に授業が展開され、通史で登場する人物や時代背景とマッチさせながら進んでいきます。

そのため、どの時代にどんな文化があったのかを忘れにくい構造となっており、一気に覚えることができます。

 

世界史<論述編>は、論述問題が解けるよう力を磨いていく講座です。

これは世界史の最終段階になるため、「通史編」と「文化編」を終えていることが前提となります。

マークシート方式以外の試験に対応できる力がつき、論述の書き方とその内容について抑えるべきポイントを整理できます。

これからセンター試験にとってかわる試験についても、これなら対応できそうですね。

 対応しているレベルは?

スタディサプリの世界史が対応しているレベルはかなり幅広いです。 

「トップレベル」は最難関国公立、最難関私立大学レベルを目指す人向けで、「ハイレベル」は難関国公立、難関私立大学レベルを目指す人向けです。

「スタンダードレベル」は国公立、私立大学レベル向けで、これら3つの中から選びます。

 それ以外にも、志望校ごとの対策講座もあるため過去問に則した問題を解くことができます。

「志望校対策講座」では各学校の特徴を調べて過去問の傾向をつかむことができますし、「AO・推薦対策講座」もあり、これらの入試を具体的に指導してもらえます。

希望する大学があるならわざわざ過去問を買わなくてもよくなりますし、ますます勉強に必要な費用が浮きますね。

学校で過去問を借りられるというところも多いですが、スタディサプリなら返却期間を気にしなくても良いのでいつでも勉強できます。

 スタディサプリで世界史の講座を受けるメリット

スタディサプリで世界史の講座を受けるメリットはたくさんありますが、1つは何と言っても安いということでしょう。

塾へ行くならかなりのお金がかかります。

しかし、スタディサプリなら月額1,980円なので学生でもお小遣いで出せるくらいの金額でしょう。

もう、「塾へ行かせてもらえなかったから大学に落ちた」なんて言い訳はできませんね。

 また、塾と違って自分のペースでいつでもどこでも学習できるという点も大きなメリットです。

好きな分野から始められることと、レベル別になっていることがそれを可能にしています。

高校生も担当してもらえる塾というのは少なくなりますし、たとえ対応してもらっていても通うのには時間が設定されているので完全に自分の都合でというわけにはいきません。

部活をしている人にとっては行けない時期もあるでしょうから、忙しくても利用できる点はメリットですね。

集団塾ではなかなか手が上げられないという学生もいます。

「自分だけがわかっていなかったら恥ずかしい」

「この質問のために皆の授業をストップさせることが申し訳ない…」

そんな思いをしながら皆に合わせる授業では最適な学習環境とは呼べないでしょう。

 そして、効率良く学べるというのもスタディサプリで世界史を学ぶメリットです。

同じ先生でも、教えることが上手な先生もいれば、学力は高いものの教えることに関しては下手という先生もいます。

学校の授業を聞いていて、「なんだかわかるようなわからないような…」と曖昧さを感じたら、より要点を押さえてくれているスタディサプリで世界史を受講してみると良いでしょう。

素早い理解が可能なので、質の高い授業を短時間で受けて定期テストや模試、受験に備えることができます。

 世界史は暗記科目と認識している学生も多いですが、スタディサプリで世界史を学習すれば、それだけでは対応できない問題も解けるようになるというメリットも見逃してはなりません。

それは論述や文化史に特化した講座が用意されていることからもわかります。

よく、同じ時代に起こったことを政治と文化と分けて覚える人がいますが、それだと紐づけが弱くなってしまって忘れてしまう要因になります。

けれど、スタディサプリの場合はそれぞれの出来事をリンクさせることが上手いので、この方法でならいつどこで何がどうなったか、それが整理できます。

自分でまとめようとしても難しく、教科書に頼ろうにも別々で書いてあるという場合には非常に役に立つことでしょう。

 スタディサプリで世界史を勉強した人の評判・口コミ

では、実際にスタディサプリで世界史を学習したという人の口コミはどうなっているのでしょうか。

いくつかピックアップしてみました。

 

1つ目は、村山先生が今までに巡った世界各地のエピソードが面白いというものです。

直接受験には関係がないのですが、その話が印象的でずっと「勉強!」というような堅苦しい感じではないとのことです。

雑談を交えてくれているところが高評価でした。

実体験にも基づく授業というのはフィールドワークをした先生しかできないものですね。

 

2つ目の口コミでは、穴埋めのプリント教材が良いという意見がありました。

授業後にこれさえ解ければ理解したという証明になってくれているので、解けた後には達成感があるそうです。

忘れたころにもう一度繰り返して行えば、かなりの力になっていくでしょう。

 

3つ目の口コミは、偏差値の高い大学の受験対策として有効だったという声がありました。

というのも、教科書には載っていない問題まで教えてもらえるからです。

センター試験を受験したこの方は、村山先生が言ったところがそのままテストに出たと語っていました。

 まとめ

スタディサプリの世界史は、月額1,980円でどんな単元でも見放題という内容でした。

それも偏差値が高い学校にも、論述にもAO・推薦入試にも対応しているという充実度です。

村山先生のわかりやすい授業をいつでもどこでも自分のペースで見られるので、世界史をやり直すのにも向いています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です